採用情報Recruit

先輩紹介

  • 電解箔営業部先輩の場合…

    ご要望を満足できるような提案を目指しています

    営業は、お客様との窓口であり、工場や仕入先様との窓口です。
    金属箔は、洋服のようにふらっとお店へ行って気に入れば購入するというわけではなく、何らかの使用目的があってお問い合わせいただくことばかりなので、ご要望を満足できるような提案を目指しています。

  • 研究開発部先輩の場合…

    新規金属箔の開発、なんでもやります

    電気めっきを用いた金属箔製品の研究開発が主な業務です。
    研究室レベルでの実験、現場での試作とその評価、新規技術の検討など、およそ研究開発に関わることは何でも取り組みます。
    例えば新規製品の開発では、その製品の用途が既存製品とは全く異なったり、装置や工程、評価項目などに新しい要素が加わったりすることが殆どです。そのため、新たな工程上の問題や、技術的なハードルが必ず出てきます。部署を越え、諸先輩方の助言・協力をいただきながらそういったことを解決していくのが、業務の醍醐味のひとつかもしれません。

  • 生産技術部先輩の場合…

    製造設備全般、多岐に渡り幅広く

    私の仕事は金属粉末の製造に関わる設備のメンテナンス、製造ラインの設計などです。実際に製造現場に足を運び、自分の目で見るだけでなく、作業員の声を聞いて、設備の問題解決、設備改良、新設備の導入などを行っています。生産技術部だけでなく、他部署、工事業者など、さまざまな人と協力しなければうまくいかない仕事なので、難しいことも多いですが非常にやりがいがあります。私は設備に関して全くの初心者なので、まだ製造ラインの設計は行えていませんが、自分が手を加えた設備が、実際に製造現場でうまく機能しているのを見ると嬉しくなります。

  • 品質保証部先輩の場合…

    安定した品質の製品を製造するお手伝いをしています

    主な仕事は金属粉末製品の品質管理です。粉末の検査データから変化点を見つけ、工程に異常は無いかなどの確認を実施し、対応することで、安定した品質の製品を製造するお手伝いをしています。又、お客様からの品質に関する問い合わせがあれば、実際にお客様の会社に訪問し、説明をしに行くこともあります。

  • 電解箔製造部先輩の場合…

    耐熱や耐薬品性など顧客に応じたさまざまな特性をつけています

    私の部署は前工程で製造した銅箔に表面処理を施す工程で、耐熱や耐薬品性など顧客に応じたさまざまな特性をつけています。私はその製造ラインの作業者として3交代制で働いています。品種が多い為、覚える事が沢山あり入社当時は覚えるのにとても苦労しました。

  • 総務部先輩の場合…

    “人事”のお仕事あれやこれや、社内にヒトゴトはありません

    日々の業務は勤怠管理・給与計算・社会保険手続き等が中心です。一方、人事は少人数で様々な業務を担当しているので、採用や研修、規定改定等、いろんな場面に関わってもいます。それぞれの場面で仕事内容もバラバラですが、それゆえに個人/職場/会社などをいろんな見方で捉えられるように感じています。分かり易い成果があったり、誰かに褒めてもらえるような仕事ではありませんが、そういった「ここからしか見られない」ものを構築し、また活かしていけることが、人事という仕事の面白さなのかなぁ…とボンヤリ思っている毎日です。

  • 研究開発部先輩の場合…

    新製品を生み出すところから、育った後のトラブル対応までが仕事です

    新製品開発のためのビーカーワーク、現場での試作、新製品の量産立ち上げ、現行製品の製造トラブル対応・原因調査、顧客からのクレーム調査などなど、新製品を生み出すところから、育った後のトラブル対応までが仕事です。

もっとFUKUDAを知りたい人は、リクナビへ!