企業情報Company

環境への取り組みCSR活動

金属材料には限りある資源が使われています。FUKUDAは、環境方針として「地球環境を守る企業活動をする」ことと定め、環境を考え、環境に配慮する活動を推進しています。

年度ごとの事業計画にも環境対策を組み込み、「原材料」「製造」「製品」「廃棄・排出」など、ものづくりプロセスのあらゆる段階で目標を定め、環境保全に努めています。

環境方針

基本方針

地球環境を守る企業活動をする

環境方針

  • 法的要求事項および当社が同意する顧客要求事項、地域との協定等を順守し、環境汚染の予防および環境に配慮した製品開発に努める。

  • 環境管理システムを構築・実施・維持し、環境目的・目標を定め、定期的に見直し、継続的改善を図る。

  • 活動3原則

    (1) 省資源・省エネルギー化の推進
    (2) 廃棄物および環境負荷物質の削減
    (3) 環境への影響・負荷を最小にする方策および設備等の改良・改善

グリーン調達/使用禁止物質リスト

コージェネレーション設備の概要

京都工場では、1989年からクリーンな天然ガスを燃料とするガスエンジン・コージェネレーションシステム(熱電併給)を導入、2007年には効率の良い設備に更新しました。新しい設備からは次のような効果が得られています。

省エネ

燃料使用量は、18%削減(更新前設備比)できます。

CO2の削減

CO2排出量は、年間3,000トンが削減(更新前設備比)できます。

このほか、エンジンは分厚い防音材を使用した建物に設置し、建物と一体化した堅固な基礎の上にバネを用いて防振を図っております。

排水処理、廃棄物処理

排水処理

生産ラインから回収された水は、イオン交換装置を通してリサイクルしています。その量は工場全使用量の50%に達します。また、放流水は総合廃水処理設備で、無害化処理を実施しています。

廃棄物処理

生産工程から生じる各種集荷物は、全てリユースまたはリサイクルしています。廃棄物処理業者の認定登録および契約を実施し、特別管理産業廃棄物などの適正管理、マニフェストシステムの適正運用を実施しています。また、有価物の資源を分別回収し、再利用も図っています。

〔認証取得〕環境ISO取得

FUKUDAの滋賀工場が位置する湖東地区は琵琶湖に近接し、緑と水の豊かな自然環境に恵まれています。この自然環境を守り続けるため、滋賀工場では全社に先駆けてISO14001に基づく環境管理システムを構築。2000年9月に認証を取得しました。
また、全社では2002年10月に認証を取得しました。